寺山修辞学(1)

はじめに

高校3年生だった昭和58年5月4日。昼の番組の笑っていいともを見ていました。12時10分頃、画面の上にニュース速報が・・・。
「午後12時5分、作家・寺山修司が入院先の東京・杉並区阿佐ヶ谷の河北病院で死去」。
47年間演じてきた彼の一人芝居の幕が下ろされました。

人間は、中途半端な死体として生まれてきて、一生かかって完全な死体になるんだ
・・・映画「さらば箱舟」

短歌、映画、演劇、エッセイ、童話、脚本、写真。
彼自身の「ことば」として、数々の作品が残されています。

私は肝硬変で死ぬだろう。そこのとだけははっきりしている。
だが、だからと言って墓は建てて欲しくない。
私の墓は、私のことばであれば、充分。

・・・「(絶筆)墓場まで何マイル?」

人間は死ぬべきときに死なず、ただその時期が来たら死ぬもんだ
・・・映画「さらば箱舟」

男はだれでも死について思っている。男にとって、「いかに死ぬべきか」という問いは、「いかに生くべきか」という問いよりも、はかるかに美的にひびくのだ。
・・・「ふしあわせという名の猫」

アンディ・ウォーホールのことばを借りて寺山修司に置き換えれば、
寺山修司のすべてを知りたければ、ぼくの詩や演劇や映画、
そしてぼくのただ表面を見るだけでいい。そこにぼくがいる。
その背景にはなにもないんだ。
って感じになるのでしょう。

人生には、答えは無数にある。しかし、質問はたった一度しか出来ない。
・・・「誰か故郷を想はざる」

「背広を着たまま飛びたい」というのは、私自身の哲学だったのである。
・・・「遊撃とその誇り」

今年(2018年)の5月4日の命日で、没後35年を迎えます。彼が亡くなった年齢を追い抜いて5年も過ぎてしましました。 彼の書籍をコレクションし始めて40年になろうとしています。蔵書数も300冊を超えました。 生前に発売された書籍の多くは増刷されず、書店から姿を消しています。コレクションの中から珍しい作品や彼の「ことば」をこのblog:寺山修辞学で紹介していきます。

彼が縫いとじてきたことばの重力を感じとりながら・・・

2018/03/02